最近撮影した写真(最近スキャンした写真も)を載せています。


スカイラインは一切経山で噴火のおそれがあるというので通行止めが続いています。その替わりではないのですが、安達太良山ロープウェイで薬師岳展望台より紅葉を眺めてきました。山頂付近は見頃、中腹もほぼ見頃ですが、曇っていたせいか赤がくすんでいて色の冴えがありません。きれいな紅葉を撮るなら3年は通わないとだめです。4日撮影。

薬師岳展望台より。後方中央は箕輪山

ロープウェイより。1000m付近も紅葉が始まっています。


仕事先で見かけた20年生きている猫さま。発布スチロールの箱の角に顔を置くのが定位置です。


9月の被写体というと彼岸花や色づいた稲穂などでしょうか。県南地域の彼岸花の群生地を検索したところ、特にこれといったところは見つからず、上位に出てきたのが栃木県那須町の簑沢地区の彼岸花群生地でした。
水郡線撮影のついでにちょっと見てきました。場所は白河市の白河関跡から10キロほど南に行ったところ。小学校に車を止めて歩いていくと田んぼの中に遊歩道が整備されており、彼岸花が見やすくなっています。
花はまだ咲き始めでしたが、土手や斜面一面に生えているので見頃となったら真っ赤に彩られることでしょう。 


台風20号が去った夕方、夏の終わりにふさわしい見応えのある夕焼けになった。


所属している写真クラブ「遊写会」の写真展が今年も開催されます。
場所は福島市の「ふくしんギャラリー」、期間は8月30日から9月4日まで。全紙で25点くらい展示予定です。よかったらご高覧ください。


また仕事で飯舘村へ行ってました。
帰還困難地区を除いて避難指示解除されたので、村民の方々は戻られ農業を再開した人もいます。
しかし戻ったのは震災前の2割ほどで、ほとんどは福島市や伊達市、川俣町に家を建てた人が多いようです。
戻った人は高齢者も多く、村の運営は容易ではないです。

仕事現場近くは0.2〜0.5マイクロシーベルト/h、山林は0.8マイクロシーベルト/hぐらい。

村内にひまわり畑が数カ所あって見頃でした。


久しぶりの更新です。何とか生きてました。
夜も暑くてエアコンのない部屋ではとても寝られないのでビールと弁当を買ってスカイラインへ登り、毎日車中泊してました。標高1000m位でも夜は20度前後と涼しくよく眠れます。星もきれいに見え夜のスカイラインは最高です。写真はその時撮影した朝焼けと雲海です。


震災後、初めて浪江町へ行って来ました。
昨年3月に町の東部は避難指示解除されて戻ってきた人は1年たった今でも700人ほど。浪江駅周辺は車の往来はあるものの歩いている人もなく、無人の町並みを見ていると何ともいえない気持ちになります。
コンビニ、ガソリンスタンド、建設会社、飲食店など店舗の営業は少しずつ増えているようですが、町として復活するのは容易ではないです。
写真は沿岸部の請戸地区、津波で流されなかった建物が数棟残り、田んぼだったところは原っぱになってます。今は防潮堤などの復旧工事の真最中でした。6月27日撮影。