最近撮影した写真(最近スキャンした写真も)を載せています。


道の駅に置いてある小冊子「michi-co」春号に板谷街道(米沢街道)が載っていました。地元を通る道路なので興味深く読ませてもらいました。記事中で写真が載っていた米沢市関根にある普門院はまだ訪れたことが無かったので先日出かけてきました。
普門院は上杉鷹山公が米沢を訪れた師の細井平洲を迎えた所、現在は数年にわたる修復中でした。 修復が完了したらまた訪れてみたいところです。

普門院入り口にある上杉鷹山公(右)と細井平洲(左)の像


写真展情報です。
裏磐梯細野在住の小椋章雄さんの写真展「四季の裏磐梯」が北塩原村の北塩原村生涯学習センター(旧大塩小学校)で開催されてます。
期間は7月2日まで。土・日・祝日は休館、開館時間は9:00〜16:30まで。

裏磐梯は今、レンゲツツジが咲き始め、新緑の中のオレンジ色がひときわ目をひきます。

磐梯山噴火記念館の「世界の岩なだれ」展を拝見してきました。火山が噴火したとき起きる岩なだれは磐梯山の噴火でも発生して大きな災害をもたらしています。展示されてる写真や解説はその脅威をあらためて実感させられ、吾妻山が噴火した時の備えはしておかなければという思いにかられました。


仕事で伊達市霊山へ。登山口から望む霊山は新緑が鮮やかで登りたくなります。22日。

磐越東線撮影途中に見かけたカラフルな花、花、花。いわき市小川町。20日。


只見線の桜風景を撮影ついでに不通区間まで足を延ばしてきました。
2011年の豪雨で橋梁を流されて以来、バスによる代替輸送されてきた会津川口〜只見間ですが鉄道による再開通が決定したので十年以内には列車が走る姿が見られそうです。20日撮影。

不通区間の線路脇のふきのとう。金山町大塩

蒲生岳


市街地の桜が葉桜になる頃、飯坂町茂庭地区の桜が見頃になります。ここはモニワザクラという固有種が自生していて、その苗木から育てたモニワザクラが温泉施設の「もにわの湯」周囲に植栽されています。温泉に入りながら桜を眺められるのも今の季節ならではです。7日撮影。

摺上川ダムと桜

モニワザクラ


花見山が見頃となったので5日に出かけてきました。
周辺は花木の植栽面積が年々増えていてどこを見渡しても花、花、花です。初めて訪れた人はどこが花見山かわからないのではないでしょうか。
桜が早く咲くのはかまわないのですが、あちこち一斉に咲くと撮影がちょっと忙しいです。


春には必ず撮る福寿草ですが、納得いく写真はなかなか撮れません。イメージとして雪面から一輪だけ花を咲かせている、そんな絵を狙っているのですが現実的にはそううまくはいかないです。
写真は喜多方市山都町の福寿草群生地で撮影したもの。山の斜面一面が福寿草の黄色い花でおおわれ見事です。


写真は南相馬市鹿島区の沿岸風景です。浜辺の平地は居住制限され住宅は建てられなくなり、田んぼだったところはかなりの面積で太陽光発電のパネルが並んでいます。1年前に来た時とはだいぶ様変わりしました。
防潮堤はほぼ完成していますが、新たに太陽光発電施設を作るのか大型ダンプは朝から列をなして走っていて工事はまだまだ続くようです。

モンモ春号が発売されました。表紙を含めて数点、写真を使用していただいてます。よかったらご覧ください。