最近撮影した写真(最近スキャンした写真も)を載せています。


モンモ早春号が発売されました。私の撮影した山都町の氷筍(ひょうじゅん)の写真が掲載されてます。よかったらご覧ください。
毎日氷点下の日が続いています。福島市では正月に30cmほど雪が降っただけですが3月上旬までは寒さに耐える日々が続きます。
写真は檜枝岐村御池付近、11月上旬頃、木々に積もった雪に夕日が当たり、一見、花が咲いたようにも見えます。2000年頃撮影。


2018年が始まりました。
還暦前年にもなると新年の目標などあらたまったものは何もなくて、去年同様、只見線などこつこつ撮影していこうかと思っています。
ただ大災害やミサイルの飛んでくることが無いようにだけは願っています。

磐梯山の天狗岩を火口壁下から眺めたもの。本当は火口壁を登って櫛が峰から朝日当たる磐梯山を撮りたかったのだけど間に合わなくて下から撮影、朝日がラインライトになって画面にアクセントをつけてます。この後火口壁を登ってちょっと遅い朝の磐梯山を撮影してきました。2003年2月撮影。


先日、遅ればせながら東北中央道を走ってきました。区間は米沢八幡原ICから福島大笹生ICまでで所要時間は約20分でした。
印象はトンネルが多いのと約9kmの栗子トンネルはやはり長いです。トンネルの途中に出口までの距離表示があり目安にはなりますが単調な景色の連続なのでいやになるくらい長く感じます。
意外だったのはトンネル内の気温が車の温度計で14度もあったこと。これはトンネルが長いため外気の影響を受けない山の地熱そのものなのでしょう。近くには温泉もあるので深く掘れば温泉も湧いてくるでしょう。

猪苗代町若宮から見た磐梯山東斜面、もう少し高い位置から撮れればベストなのですが。


久しぶりに裏磐梯で日の出撮影を、と出かけたのですが、土湯トンネルを出ると曇り空、裏磐梯は濃い霧に覆われれ残念ながら朝日は拝めませんでした。それでも人気の撮影スポット裏磐梯には朝早くからカメラマンが来ていて熱心に雪景色を撮影していました。
その後はいつものように只見線の第1橋梁へ。斜面を少し登り撮影ポイントへ着くと既に10人ほどの先客がいました。話し言葉を聞くとどうらや中国系の方々らしい。前回もここはカメラマンの半分くらい中国系の人たちが撮影しており、只見線はむこうで人気があるらしいです。
撮影を終えて駐車場でタクシーの運転手さんに聞くと台湾からのお客さんたちで、この後、大志で撮影して会津川口から只見線に乗って帰るそうです。只見線はいずれは台湾からのお客さんで支えられていくかもしれません。

裏磐梯細野、桧原湖畔の雪景色


11月25日、会津北部は大雪で猪苗代町では60cm積もり、ビニールハウスがつぶされるなどの被害もでたようです。季節はずれとはいわないけれど、湿った大雪はいろいろ被害をもたらします。
翌日、磐越西線、只見線の撮影に出かけたのですが、周辺地域では除雪に追われていました。
写真は会津美里町西部地区、雪は少なかったけど終日霧に覆われて列車撮影はいまいちでした。


今月4日に開通した東北中央道です。今のところ米沢に用事はないのでまだ走行してませんがきっと快適なドライブが出来ることでしょう。ただその影響で国道13号の通行車両は減少し、開通前の3割以下になったと思われます。まあのんびり走るのにはいいかもしれません。写真は飯坂町中野の山神橋より。
紅葉撮影は強風と霜でほぼ終了、これからは霧氷や新雪などの冬景色ねらいです。季節の進みが早く感じられる今日この頃です。


2週連続の台風で思うような紅葉撮影が出来なかったので29日は雨の中午後から裏磐梯へ。
1000m付近の紅葉はピーク過ぎ、剣が峰あたりがちょうど見頃でした。雨のせいもあってか観光で訪れる客はちらほら。ちょっとさみしい裏磐梯でした。

中津川橋より中津川下流方向、紅葉は見頃を過ぎてます。

レークラインよりの秋元湖。ここも紅葉のピークは過ぎつつあります。


紅葉は平地まで降りてきたけど天候不順であまり撮影してなかったので昔のものをアップします。
写真は伊達市の霊山。切り立った岩峰とそのわずかな隙間に生える木々の紅葉のコントラストが見事です。
撮影は1996年、当時はフィルムのみの撮影でした。使用フィルムは富士フィルムのベルビアでまだ褪色はしてないようです。
昔撮影したフィルムは今、断捨離中ですが、フィルムを眺めていると当時の記憶がよみがえりなかなか捨てられないでいます。