最近撮影した写真(最近スキャンした写真も)を載せています。


相変わらず只見線を撮影してました。
6日は午前中から30度越え、線路上は陽炎がゆらめいて車両もフォトショップのフィルターをかけたように歪んで見えました。写真は中央部をトリミングしてます。

田んぼの畦に植えられたハゲイトウ(葉鶏頭)の赤が鮮やかでした。ひまわりはよく見かけますがハゲイトウは珍しい。三島町にて。(最初にケイトウと書きましたがハゲイトウでした。訂正しました。)


数年ぶりで相馬野馬追いを撮影してきました。
本祭りも雨の予報だったので傘と合羽を用意して臨みましたが天気は何とか持って降られずに済みました。野馬追いは土砂降りでもやるので撮影は大変ですがそんな時の方が良い写真が撮れるかもしれません。
観客はこの勇壮な祭りを見るため全国から来ますがカメラマンもやはり多く、前日から場所取りの三脚を置く人もいるほどです。時間がとれればまた来年も撮影したい祭りです。
写真は祭りのハイライト神旗争奪戦です。


所属している写真クラブ「遊写会」の写真展が9月にあるのでどれを出そうか昔の写真を眺めていました。クラブの会員は年々減って今は10名足らず。展示もちょっと工夫しないといけないようです。
写真は10年前に撮影した北海道は清里町の宇宙展望台から斜里岳ふもとの農村風景。防風林と整然と区画された畑はいかにも北海道といった景観を見せています。このあたりは斜里岳をバックにどこからでも絵になる風景が撮れます。


時間が空いたのでスカイラインから東吾妻山の景場平まで歩いてきました。ワタスゲはまだ見られ、コバイケイソウの花も咲き始めました。今年は残念ながら花芽は少なくまばらにしか咲いてません。
景場平は標高約1700m、日差しはあっても吹く風はさわやかリフレッシュ出来ました。8日撮影。

景場平の小さな沼

コバイケイソウも咲き始めた


山ではニッコウキスゲが咲いていますが、なかなか撮りに行けず。その替わりではないですが近くのアジサイを撮影してました。写真は市内大笹生、白和瀬神社のアジサイ。今年は花数が少なくちょっとさみしいです。6日撮影。


相馬福島道路(東北中央道)と東北道を結ぶ橋脚の工事風景です。なぜこんなに高くしなければならないかというと東北新幹線の高架(写真左側)を跨ぐためで、端から見ても大工事なのがよくわかります。開通は2、3年後でしょうか?。近くには大規模ショッピングセンターも出来る予定なのでこのあたりはだいぶ様変わりしそうです。


スカイラインの浄土平湿原のワタスゲが見頃です。今年は当たり年で湿原を白い綿毛が埋め尽くすように咲いています。このほかイワカガミ、チングルマ、ミネザクラなどの花も咲いてました。17日撮影。

コバイケイソウの葉も出始めました。鳥子平にて。


人気の豪華寝台列車・四季島を撮影してきました。
1泊2日コースは磐越西線を走るので猪苗代町川桁の磐梯山バックの定番ポイントで狙いました。
5月から走り始めたばかりなので撮り鉄も30人以上集まり大にぎわいです。車体デザインはモダンで高級感もありますが先頭車両前部が前傾していてでこっぱちに見えるのはちょっと気に入らないところです。11日撮影。


あまり撮影してなかったので10年前の古い写真をアップしました。
季節はちょうど今頃、浅草岳中腹の残雪とブナの新緑です。南会津の標高の高い山に登ればふつうに見られる光景で、平地が暑いときでもここまで登れば残雪の冷気で心地よいです。
浅草岳の残雪登山は初めてだったので印象に残っていたのですが、撮影年月日を改めて確認するとあれからもう10年もたってしまったのかという思いのほうが強いです。