最近撮影した写真(最近スキャンした写真も)を載せています。


連休はほぼ仕事だったので、その替わりというわけではないですが、岩手県の一関市、奥州市あたりを巡ってきました。
宮城県北や一関から眺める栗駒山は残雪が豊富で新緑とのコントラストが鮮やかでした。再訪してしっかりロケハンしながら撮影したい衝動に駆られました。12日撮影。

一関市内より残雪の栗駒山を望む

2008年に起きた岩手宮城内陸地震で落橋した祭畤(まつるべ)大橋。当時はよくニュース映像で流されてました。今は新しい祭畤大橋がすぐそばに掛け替えられていますが、旧橋は地震災害遺構として、折れ曲がった橋桁が残されています。
落橋の原因は地震の揺れそのもではなく、地震によって引き起こされた大規模地滑りによるもので橋脚はなんと約10mも移動してしまったとのこと。国道沿いの橋を見渡せる場所に駐車スペースと説明板があり、地滑り状況や保存方法が詳しく書かれてます。

この日は落雪の影響で須川までは行けなかったので、祭畤大橋手前から右折し胆沢ダムへ通じる栗駒焼石ホットラインへ。2013年に完成した胆沢ダムは日本有数の大規模ダムで、小沢一郎の地元ということもあり別名「小沢ダム」とも呼ばれているとかw。
ダム湖の名称は奥州湖で青みがかった水の色と埋没した木々など絵になる場所もあります。


桜の開花が早かったので福島市内では数年ぶりで満開の桜に雪の光景が見られました。薄ピンクの花と雪は色調が似ているので撮影は意外と難しいです。

市内庭坂

飯坂支所隣の公園


モンモ春号が発売中です。私の撮影した桜の写真も数点掲載されてます。よかったらご覧ください。
今年も桜の開花は平年よりも早く福島市では10日ごろ満開になりそうです。
先日はいわき市の河津桜を撮影してきたのですが、満開の桜は心浮き立たせてくれます。


震災から8年が経過し、爆発した第1原発周辺の町も続々と帰還宣言をし、比較的放射線の低い地域に住宅を建てて住民を住まわせようとしているけど、数キロ先の第1原発ではいつ終わるともわからない廃炉作業が行われているのに、帰還して本当に大丈夫なのでしょうか。

南相馬市原町区の沿岸は防潮堤が完成し、内側の木で囲まれた場所には防潮林のための松の苗が植えられる予定で、その奥には太陽光発電のパネルがずらりと並んでます。

南相馬市で日の出を撮影した帰り道、小高区の小高神社へ寄ったら紅梅が咲いてました。


今年は暖冬で雪もあまり降らず、季節が半月ぐらい早く進んでいるようです。もう雪景色の撮影はあきらめて早春の被写体を探したほうがよさそうです。

裏磐梯のジュエリーアイスは水の中にありました。


久しぶりに裏磐梯へ。朝日は厚い雲に遮られ残念ながら撮影できず、また出直しです。
今年は暖冬傾向だけどさすがに裏磐梯、雪は多いです。撮影にはかんじき、スノーシューは必携です。

檜原湖のワカサギ釣りは駐車スペースがどこも一杯になるほど賑わっています。もしかしたら1年で一番お客が訪れているかも。


西高東低の冬型気圧配置になると太平洋側は晴れるので、相馬市や南相馬市で日の出の撮影してました。
東北中央道が伊達市霊山と相馬山上間で部分開通し無料通行できるようになったので撮影へ行くのはだいぶ楽になりました。
写真は南相馬市北泉海岸の日の出。サーフィンの人気スポットでいつもサーファーで賑わっている場所ですが、日の出前から海に入っているサーファーにはちょっとびっくりです。
相馬市や南相馬市の沿岸部は津波で被災、居住制限されて住宅はもう建てられないので、田んぼだったところはかなりの面積で太陽光発電のパネルが並ぶ無機質な風景が続いています。


自宅周辺大雪です。28日は20cm、29日は40cm、30日朝はなんと50cmの積雪となりました。12月としては過去最高かもしれません。ひと冬を通じても最高クラスの積雪です。
この後もまた積もったら年末年始は雪かきに追われそうです。


さて来年はどんな年になるやら??。元号は代わるけど世の中はそう大きく変わらない気もします。
それではよいお年をお迎えください!。